スポンサーリンク

初の海外旅行持ち物チェック|あった方が良い!あると便利グッズは何か?

海外旅行へ頻繁に行っている方は心配すること無いが、普通の方は年に一回(それでも多いか…)。ほとんどの方が海外旅行に行くとなると、初めてに近い感覚で出かけることになる。


海外旅行に行くことが決まった時から心配になることが持ち物だろう。持ち物の中には、確実に必要な持ち物もあれば、あった方が良いと思う持ち物。あると便利なグッズは何かと調べることになる。忘れ物をして無駄な出費や時間を費やしたくない思いは皆一緒!


海外旅行に行くにあたり、重要度別に持ち物チェックリストを考えて見ました(^^)参考にして下さい(^^)




スポンサーリンク





海外旅行|絶対に必要な持ち物、必需品|重要度別

tagu


パスポート ❏
パスポートが無いと基本的に海外へは行けません。海外での身分証明書です。パスポートの有効期限を見て、範囲内であるか確認は必須。申請に関しては外務省ホームページにてチェック!


ビザ(VISA、査証) ❏
ビザとは、海外に行く理由を記載した証書みたいなもの。例えば、良く聞くのが「学生ビザ」。海外の学校に通う事を目的としたビザ。僕が申請した時のあるビザは「ワーキングホリデービザ」。定められた国に一年間滞在でき、仕事もすることが出来るビザ。ツアーで行く旅行目的や、90日以内の一人旅など観光目的や、研修参加などは、ビザが必要の無い場合が多いので、予めビザが必要かどうかは確認しておく必要がある。国によって様々で、事前通告無しに変更される場合があるのでチェックが必要である。航空券を購入する時にツアー会社に確認してもいいだろう。自分で調べる場合は外務省ホームページにてチェック!


航空券 ❏
島国、日本では海外に行く場合、飛行機か船しか移動手段は無い。航空券は確実に必要な移動のチケット。ツアーに参加するのであれば、空港で渡される場合が多いようだ。ちなみに僕は90日以内の観光旅行目的で、帰る日が決めていなかったので、片道の航空券を購入して海外へ行った。片道チケットだったので入国審査でちょっと手こずった事もあった。国によっては片道の航空券が駄目な場合もあるので、事前のチェックはしておくべき。ちなみに僕は【H.I.S】で航空券を買うことが多いです。【H.I.S】のホームページをチェック!目的地により経由便が安い場合もわかる。最近は、ネットで金額が調べやすくなってますね(^^)


現金(日本円) ❏
空港までの往復の交通費や食事代。現地に着いた時や、空港での現地通貨への両替など日数によって持ち歩く金額が変わる。現地ではクレジットカードを利用することが多い方でも、現金は絶対に必要になってくる。個人的には現金の利用が多いので、ヨーロッパ一ヶ月の一人旅でパックパックを担いで、テントぐらしやユースホステル泊まりで50万円持って行った。30万円ぐらいで足りたが心配なので余分に持って行く。現金の管理はしっかりと行う!とにかく現金を持ち歩く場合は、ウエストポーチなどを使い、肌身離さず持ち歩く様に!


現金(現地通貨) ❏
現地での現地通貨現金利用は絶対にあること。日本同様、クレジットカードが使用できないところは多数あります。ローカルエリアへ入れば入るほど…。現地到着が土曜日や日曜日、平日でも深夜になるようであれば、現地到着後両替は出来なくなることがあるので、出発前に日本で現地通貨を持っていたい。ただ、基本的には現地で両替を行った方が料率は安価になることが多いので、日本では最低限の両替を心がける。現地に着いてからの両替も、両替場所によって料率は様々。観光客が多いところは比較的料率が高いとされている。


クレジットカード ❏
現金主義の僕は、クレジットカードをほとんど使うことは無いのだが、万が一の現金不足などにも対応するのと、ホテル、レンタカーなど利用する場合、提示を求められることもある。現金デポジットの代わりの身分証明といったもので、提示を求められることも。

海外へ行くならクレジットカードの種類は、何と言っても【VISA】ブランドであろう。【Master】でも良い。日本国内で多い【JCB】は使用できないケースもある。【アメリカン・エキスプレス】や【ダイナースクラブ】も使用できないケースが出てくる。

クレジットカードのメリットは更にあり、現地のATMで、現地通貨の現金を引き出すことも出来る。両替の料率は日本円を両替するよりも安価な事が多い。更に、カードの種類によって、海外旅行保険も付いているものがあり、非常に安心感を得られる。万が一のことを考えると、クレジットカードは2枚以上持つのが良いだろう。

海外へ持っていくクレジットカードでスタンダードかつ、間違いなく堅実なカードはやっぱり三井住友VISAカード!!! ↓↓↓




最近の新規加入カードがダントツなのは楽天カード!しかもカード利用の売上高は高い!その理由の大きな要因は楽天ポイントの使いやすさでしょう!いつの間にか溜まったポイントは、楽天市場で吟味。楽天市場でのカード利用も簡単すぎる。今回ご紹介するのはプレミアムカード。海外旅行保険もしっかり付帯するプレミアムカードはポイントもザクザク溜まる。個人的に持っている一枚!! ↓↓↓





スーツケース・バックパック ❏
スーツケース・バックパックは本人の海外滞在日数や用途に合わせて購入するもの。持っている方も多いと思うが、新規で購入する場合は、やっぱりお店に足を運んで、自分で手にとってみたいですね!僕のスタイルはバックパッカーなので、モンベルへ行ったり石井スポーツへ行ったりと山グッズ専門店で見ることが多い。

スーツケースを持っていく方で、アメリカ合衆国へ行くのであれば、スーツケースの鍵を掛けることは出来ない。唯一掛けることのできる鍵は、TSAロックのかかるスーツケースです。ただ調べていると、TSAロックを壊されたりするらしく、それほど重要視することは無いのかもしれない。アメリカ合衆国に入国する際は、スーツケースには鍵が掛けれないと割りきって、スーツケースが空いて荷物が散乱しないようにスーツケースベルトだけ付けておくのが良いのかも。いずれにせよ、貴重品はスーツケースには出来る限り入れないように!!それと、ネームタグを付けておくと誰の荷物か解りやすくなるので、経由便等でロストバゲッジしないような予防策になります。ネームは英語(ローマ字)で記入するように!


手荷物用バック(機内持ち込み用) ❏
飛行機内に持ち込むことの出来る「手荷物用バック」。貴重品や絶対に盗られたくない物、ロストバゲッジをして困るものなどを入れて、機内の座席まで持って行く。街歩きの時に活躍できる様なバックであれば一石二鳥だね。僕は大切なカメラ機材を入れて、制限ギリギリのショルダーバックを持って行った。それとウエストポーチかな。女性ならハンドバックになるのかな。飛行機内に持ち込める荷物の中身や大きさが制限されているので、詳しくはこちらのサイトわかりやす~い(^^)絵でわか~る




tagu


常備薬 ❏
海外にまで行って体調不良はもったいない。ホテルで寝て過ごしてしまったということにならないように、日本から常備薬は持って行くべきであろう。現地でも購入できるが、いつも使用していない薬は不安だ。日本から持って行く常備薬は【風邪薬・解熱鎮静剤・胃腸薬・下痢止め・バンソウコウ】僕は、これぐらいを持っていく。少しでも体調が思わしくなかったら、早めにお薬を使ってます。こじらせないように…。


海外旅行保険保険証 ❏
海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていない場合、海外旅行保険を掛けることが、万が一に何かあった時に安心です。ただどれくらいの保証金額の海外旅行保険を掛ければ良いのか解りかねますね。海外旅行保険、補償金額がこれぐらいという解りやすい記事紹介!!これを見ていると、クレジットカードに付帯している海外旅行保険でも十分なのかもしれないですね!もちろんいろいろなケース、考え方、安心感をもっと持ちたい、逆に保険なんか要らない!という方もいるでしょう。人それぞれなので自分にあった海外旅行保険を考えるしか無いのだが…。


国際キャッシュカード ❏
国際キャッシュカードとは、海外に行った先でのATMで、日本に居るかのようにキャッシングが出来るというもの。日本で貯金している銀行から引き出すことになり、現地通貨で現金が出てくるので現金を持ち歩かなくて済む。場合によっては、現金の日本円を、現地通貨に両替するよりも手数料率が安い場合がある。国際キャッシュカードについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!!




tagu


筆記用具・手帳 ❏
機内で出入国カードに記載することがあったり、ちょっとしたメモをする時に、筆記用具が無いと非常に不便に感じるので、あった方が良いだろう。手帳は個人的に持って行って欲しいと強く思う。その手帳に旅の日記を書いていたのだが、旅先では面倒いな~と思って書いていたが、ふとした時に読みなおすことがあって、当時は{あ~こんなことがあったか」「楽しいかったな~」など記憶だけでは思い出せない事が頭の中を駆け巡り、写真とともに良い記憶が呼び覚まされる感覚がある。


シャンプー・リンス・石鹸 ❏
ホテルには基本的にあるものであるが、僕みたいにバックパックを担いでキャンプを張る方や、安価な宿「ユースホステル」等に泊まる方など、無いところもあるので、試供品であるような小さいボトルでも良いので、持って行って損はない。


歯磨き粉・歯ブラシ ❏
歯磨き粉・歯ブラシも上記同様、基本的にホテルには備え付けられているが、My 歯ブラシを持って行く方は多い。僕もその一人。エチケットは大事です(^^)


カミソリ ❏
電動シェイバーだと、充電が必要になってくるので、電気の問題が出てくるので面倒。カミソリを持って行きどこでもいつでも髭をそれるように(^^)僕は、ちなみに長いフライトの場合、着陸の一時間程前にトイレに行って髭を剃ってます。到着した時にスッキリとした気持ちで旅を進めた~い(^O^)



海外旅行での持ち物|身に付けるもの(衣類等)

靴 ❏
慣れた靴で歩きやすい靴を履いて行こう。わざわざ新しい靴を新調してしまうと、靴ずれを起こしてしまう可能性があり、要らないところに気を向けなければならなくなるので、新しく買ってもいいけど、一ヶ月以上は履いた靴がいいね!


靴下 ❏
靴下は、三足持って行きます。洗って乾くのに一日かかるという計算で、三足。


下着 ❏
下着も三着づつかな~。基本的に現地で洗ってます。乾くのに一日。日本よりも乾燥している国が多いので、乾かないと思えば2日着ることも…。日本ではそんなこと無いです(汗)山に入れば一週間一緒ということもザラですが…。


服(着替え用) ❏
服はあまり持って行くと荷物がかさばるので、出来る限り少なめに考えます。寒いと感じれば、現地で購入することも。現地で購入することにより、以外に思い出の一つになる。特にその国にしか無いメーカーなどは。


スポーツウェアー ❏
スポーツウェアーの特にズボンですが、寝間着として活用したり、ちょっと出かける時もそのまま町へ出たりと、使い勝手が良い。上下揃えてしまうと、完全にスポーツの格好になってしまうので、僕は上着は持って行かないかな~。


防寒具 ❏
防寒具は、突然の雨や寒さ対策にとって必需品。物によってはかさばってしまうので、意外と使えるのは、スポーツ店や山の専門店などで売っている、山用の防寒具。基本的にかさばらない設計になっている。防寒具のズボンは持って行かないかな~。そこまで必要な時は、傘を使うので。その代わり、ズボンは速乾性の物で動きやすい物をはいていく。濡れてもすぐ乾くように!


サンダル ❏
簡単に履けて軽いサンダルを準備する。機内でもすぐサンダルに履き替えてま~~ス。ムレ防止!浮腫み防止!



海外旅行であった方が良い持ち物

パスポート再発行の為の書類等 ❏
パスポート再発行は、念のため。紛失した際は厄介。紛失しなければ要らないものとなるが、かさばる物では無いので、一応準備して行こう。

パスポート再発行に必要な物は【パスポート写真2枚】【戸籍謄本又は戸籍謄本の写し(6ヶ月以内の物】【顔写真付きの身分証明書(運転免許証など)】海外で紛失してしまった場合はその国の在外公館に問合せを。


南京錠 ❏
バックパックに施錠することなど、結構使用頻度はある。3個程いつも持って行くが、同じ形式の物を持って行き、スペアーキーをいっぱい持つ感じにする。鍵の紛失が心配であれば、ダイヤル式 南京錠でも良い。


懐中電灯・ヘッドライト ❏
特にバックパッカーで行く旅行者には懐中電灯・ヘッドライトは必需品だろう。非常用にも活躍するし、他の方が同じ宿泊部屋に泊まる時などは、他の方の迷惑にならないように、明かりを付ける。


デジカメ・一眼レフカメラ ❏
最近のスマホやiphoneは高解像度のカメラが付いているので、必要の無い方も居るだろうが、iphoneは外部のSDカードを付けれないので容量を気にしなければならない。海外旅行に行った際は、カメラの使用頻度は上がるのでスマホ,iphoneとは別にデジカメを持参しても邪魔にならない。景色をより綺麗に撮りたいという方は、一眼レフカメラを思い切って買っても良いのでは。僕は景色を撮るために海外旅行に行くので、一眼レフカメラやレンズを持って行く。大切な物なので、手荷物にして、機内に持ち込みます(^^)


目覚まし時計 ❏
腕時計をする習慣が無いので目覚まし時計は必須。スマホやiphoneで代用も出来るが、小さいサイズ【7cm×7cm】位のものでも良いので、あると安心。


折り畳み傘 ❏
突然の雨を凌ぐ傘。折り畳み傘は出来れば軽量の物を。山の専門店「モンベル」に良いの売ってますよ!専門的な品なので、結構高いけど軽い!!


ポケットティッシュ ❏
ポケットティッシュは何かと役に立ちます。サイドバックの隅にでも入れて置いて。


ガイドブック ❏
スマホ、iphoneのWiFi環境を海外で作るのであれば不要かもしれないが、それでもじっくり見たい時にガイドブックの需要はまだまだあるだろう。気になるところを自分で蛍光ペンでチェックしたり、付箋を付けたりと、旅行計画を立てるのに役に立つ。


防水袋 ❏
人それぞれのスタイルの袋を用意すればいいだろう。要は防水用に!大切な電子機器や書類、洋服に至るまで、水をシャットアウトするために!!



海外旅行であると便利なグッズ

エコバック ❏
エコバックは、軽くて小さく収納出来る物を用意する。機内持ち込み等に、入らな良い物があった場合にもエコバックに入れ替えて持ち込むことも可能だ!


レンタルWi-Fiルーター ❏
自分のスマホ,iphone,i-pad,PCなど海外でインターネット環境を整え、どこでも調べ物に使いたいという方は、レンタルWi-Fiルーターは必需品だろう。海外へ行くということで金銭感覚の麻痺が生じしまうところだが、結構お高い金額だ。細かく色々あるので、料金表等は、別のサイトで紹介されているところにリンク!

レンタルWi-Fiルーターが要らない。電話も通信もしない。写真だけ撮ろうかな。など通信機器を海外に持っていく場合は、確実に行って欲しいことがある。持っていくだけで、高額請求「パケ死」してしまう可能性があるので、必ず確認チェック!!


モバイルバッテリー ❏
モバイルバッテリーには種類が色々あり使用頻度により選べばいいだろう。容量2,500mAhでスマホ等がフル満タンになるかな~。よって容量が10,000mAhの機器であれば4回フル満タン出来る計算となる。日本でも結構重宝するので、購入して損はない!これ使用しています(^^)快適ですよ!

モバイルバッテリー アルミボディ 大容量 薄型 12000mAh iphone6s iphon…

モバイルバッテリー 12000mAh
価格:2,866円(税込、送料込)



コンセント変換プラグ ❏
海外では、日本と違う電圧とコンセントプラグの形状が違います。よって日本で購入した電気機器を使用することは出来ません。そこで必要なのがコンセント変換プラグです。まず海外の何処で使うのか確認した上でコンセント変換プラグを購入しなければならない。海外のコンセント変換プラグと電圧の一覧をチェック!!

こんな便利な物も売られています(^^)

ただ、コンセントは使えても、電圧は100Vになることでは無いので、電圧変換機が別途必要になります。これが割高なので躊躇してしまう。電圧変換機が無くても大丈夫な場合が多いのですが、電気機器が故障してしまう恐れがあるので、長期に使うのは避けるべき。


テーピング ❏
テーピング本来の使い方をするのはもちろん、靴ずれの踵をサポートしたり、セロテープみたいに何でも貼り付ける為に使用することも。


イヤホン ❏
機内での使用などに活躍。機内のものもあるが、自分専用のものを。他人に音漏れが無いようにする目的として持っていく。


爪切り・耳かき ❏
海外へ出発する前に、爪は切って行くが、長期滞在の場合は、爪切り、耳かきは持って行った方が良い。


マスク ❏
マスクは日本製の物がやっぱり信頼できる。機内で咳をしている人がいたりすると、到着前に風邪を引かないように予防する。大気汚染から喉を守る。



人それぞれに必需品となるもの

メガネ・コンタクト用品 ❏
使用する方は、間違いなく必需品です。


フォーマルウェア・シューズ ❏
フォーマルな洋服で出掛けなければならない場所に行く際は、持っていかなければならない物。


旅行用洗剤セット ❏
海外の長期滞在は、自分で洗濯をすることも多い。ホテルなどで簡単に洗濯するために洗剤セットは役立つだろう。


鉄道パス ❏
ヨーロッパへ行く際は鉄道パス(ユーレイルパス)は非常に有効だろう。ヨーロッパは鉄道が非常に発展しているので、移動手段は鉄道が妥当。個々に合せて色々な鉄道パス(ユーレイルパス)があるのでチェック!チェック!!


国際運転免許証 ❏
国際運転免許証は、広大な国で有効になるだろう。アメリカやカナダ、オーストラリアなど国際運転免許証があるのと無いのとでは、移動幅も自由度も全然違う。僕のアメリカでの一人旅はレンタカーで車中泊もしていたので、移動、宿泊と大活躍であった。写真を撮ることが好きな方にもオススメ!朝方や夕方の写真を撮るためのゴールデンタイムに、好きな場所に行くことが出来るから!!!国際運転免許証の取得は日本で運転免許証があれば簡単なので、行く国で使用できるか確認の上、取得して行こう(^^)国際運転免許証の申請は各都道府県の運転免許試験場等で!



国・場所により必需品となる物

虫よけスプレー ❏
マラリアやジカ熱など、蚊から感染する事を防御する。


帽子 ❏
炎天下を歩きまわるということであれば、熱中症対策に必要。


使い捨てカイロ ❏
寒い国、時期に行く際は、ここぞという時に活躍する。しかし、沢山持って行こうと思うとかさばるので、一パックぐらいで!


水着 ❏
海へ出かけるときは必需品で間違いないが、もう一つ、温泉に入る予定があるなら、海外は裸ではなく、水着を着るので必要となる。


サングラス ❏
これも海へ出かける方は間違いなく必需品です。海外は日本よりも空気が澄んでいるところが多いので、直射日光が強く、目が非常に疲れることになる。それと雪山に行く際は雪に反射して直射日光と反射日光が来るので、必需品!!


日焼け止め ❏
サングラス同様、直射日光の強いところへ行く際は、必需品となろう。



海外旅行で女性の必需品となる持ち物

ドライヤー ❏
ドライヤーを使う際は、「コンセント変換プラグ」や「電圧変換機」が必要になってくるので、ちょっと面倒いかも。「コンセント変換プラグ」だけ持って行き、ドライヤーは壊れても良いような安価な物を持っていくのも手。


生理用品 ❏
万が一の時に安心。


くし ❏
ホテルで意外と無いこともある。


化粧品 ❏
女子が絶対必要な物。メイク落とし、洗顔フォーム、化粧水、美容液等その人それぞれで準備!


むくみ防止用着圧靴下 ❏
機内では大活躍。


簡易加湿器 ❏
乾燥対策に!電池で動く物が良いのかも。



飛行機内で活躍する持ち物

アイマスク・耳栓 ❏
機内の移動時間が長いと、少しでも快適に過ごすために、使い捨てのアイマスクや耳栓は有効だ。目の疲れと光を遮断する為のアイマスク。隣の音を気にせず眠ることが出来る耳栓は準備しておこう。


携帯用スリッパ ❏
使い捨てに近い携帯用スリッパでも良いので、靴を脱ぎ足の浮腫み防止に役立つ。


文庫本 ❏
海外旅行に行く際に、ちょっとした時間の合間を見て、文庫本を読むことが多い。機内に限らず、滞在先でも暇つぶしになる。日本で気になる文庫本を購入しておこう。


リップクリーム ❏
特に機内は、乾燥が激しいので、唇のケアにリップクリームは必要だ。





まとめ

ざざっと、海外旅行に行くために必要な持ち物を記載して、確実に必要な必需品は誰もが用意しなければならないものだが、その他、海外旅行であった方が良い持ち物やあると便利なグッズ、人それぞれに必需品となるものなど、用途や目的で、必要な物は変わってくるであろう。


これら、記載したものは、自分自身が海外旅行へ行くにあたり、準備するものであり、人それぞれに「これは必要ないな」と思われる物も含まれるかもしれないが、それは個人の判断にお任せとなります。


あくまでも個々の海外旅行が、少しでも快適に楽しく過ごす時間となることを願うばかりです。なかなか行くことの出来ない海外旅行!それは準備段階から始まっています。色々なことを調べることも旅行へ行く楽しいですね(^^)


貴殿の海外旅行が素晴らしい時となりますやうに\(^o^)/




スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ